休憩利用のスキーバスのフラン

スキーバスには、集合時刻を朝方に設定して、昼間に現地に到着をするというプランもありますが、集合時刻が前日の夜間であって、バスの車内で仮眠をとり、現地の到着は翌日の朝といったプランもあります。

ようするに夜行バスを利用したスキーバスのプランということになりますが、こうしたプランはホテルでの宿泊をともなわないことから価格的に安く、しかも渋滞などのおそれもないという点でメリットが大きいものです。

スキーバスのお役立ちコンテンツ満載です。

しかし、そのいっぽうで、車中泊のために疲れがたまってしまい、到着するころにはスキーを楽しむほどの体力もなくなってしまうといったデメリットもあるものです。


せっかくのスキーツアーであるにもかかわらず、移動だけで体力を消耗してしまっては、あまり意味がありません。

毎日新聞の口コミ情報をまとめました。

そこで、最近のスキーバスのツアーでは、夜間に出発をするというところは従来と変わらないものの、現地のホテルに部屋を確保して休憩をし、朝食をとってからゲレンデに向かうといったプランもあらわれてきています。

ホテルの利用形態として、丸1日を貸しきる宿泊プランのほかにも、半日程度を利用するだけの休憩プランというものがありますが、このようなスキーバスのツアーでは、休憩プランのほうを利用しているということになります。



そのため、宿泊プランにくらべて料金が格安というメリットは維持したまま、疲れをためないような仮眠ができる環境も十分に確保しているということになり、利用者にはかなり好評です。